プロフィール

ひまわり2525

Author:ひまわり2525
埼玉県在住の吉祥レイキマスター
ひまわりのひだまり日記へようこそ!
毎日を笑顔で過ごすために色々模索中です。
お気軽にお立ち寄りください☆

カウンター
来てくれてありがとう (^O^)/
おきてがみ
FC2ブログ以外の方ぽちっと押してね♪
モラタメ.net
モラタメ.netは新商品や話題の商品をモラえる、タメせるサイトです
みんなの空
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川越ランチ 続き

昨日の続きです~

店頭でいも恋っていうもちもちのおまんじゅうを試食でいただきました、

菓匠 右門というお店でランチしましたよ

お店ご自慢の芋おこわ。

川越ランチ 2

さつま芋がほくほく、もち米です。

こちらはおかず。

川越ランチ 1

左からうなぎのかば焼き 山芋のせ、煮物、漬物。

煮物が味がしみてて美味しかった~!

お食事すると、店内のお土産が5%OFF!!ということで、いも恋買って帰りましたよ。


そのあとは、山崎美術館 へ。

代々、亀屋っていうお菓子屋さんを営む山崎家のコレクションが展示されています。

川越藩のお抱え絵師 橋本雅邦画伯の書いた日本画などや、

当時使用していたお菓子の木型などが展示してありました。

彫刻等を100本近く駆使して作られる木型もあったそうです。

もう、芸術品。

山崎美術館1

時代劇で見たことがある、煙草の道具など。

山崎美術館2

山崎美術館3

最後はこんな井戸がある前でお茶と最中のサービス

山崎美術館4

小さいスペースなので、展示されているものはそんなに多くないのですが、

何がすごいって、文久何年とか、明治何年とかに作られた蔵が

そのまま展示室や、店舗、住居になっているところです。

蔵の暗くて湿ったカンジが、なんとも言えませんでした。

時代を超えてまだ現存している感動。

こうして受け継いで、人って生きているんだーって思いました。


一歩、外に出ると、唖然。

あまりの明るさと自動車の多さに、現実に戻ってきた感じ。

そう、戻ってきたっていう不思議な感覚でした。

それは、友達もそう思っていたのか、二人で顔を見合わせてしまったのです。

異空間、っていうのでしょうかねー。タイムスリップしてきた気がしました。


ありゃー、とりとめもなく長くなりましたので今日はこのへんで
関連記事

次へ

ひまわりさん

シンプルで旨そうですね。

旅人さんへ

コメントありがとうございます☆
美味しかったです!
年々、和食って素晴らしいと思うようになりました。
素朴なお料理ほど、素材と味付けにごまかしが効かないなーと思います。
非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。